ごあいさつ

EVOL株式会社代表取締役の前野マドカです。
幸福学、ポジティブ心理学、医療・看護・カウンセリング、認知心理学などの進展に伴い、「幸せ」「ハッピネス」「QOL:クオリティーオブライフ」 「レジリエンス」「笑顔」「楽しさ」「生活満足」「生き甲斐」などのメカニズムが次々と明らかにされつつあります。つまり、「どうすれば楽しく幸せに暮らしていくことができるか?」が明らかにされつつあるのです。また、アメリカのグーグル社が全社員の研修にマインドフルネスを高めるサーチインサイドユアセルフプログラムを導入し、カリフォルニアのIT系企業が追随したことから、社員の幸福度を高めることの重要性が注目を集めています。 幸せな社員は、生産性が高く、創造性が高く、欠勤率が低く、離職率が低いという研究結果もあり、企業・事業体では「従業員満足度から従業員幸福度へ」と価値転換すべき時代がやってきたのです。
EVOL株式会社では、幸福学に関する豊富な学術研究実績を基盤に、社員の幸福度と創造性を高めるためのコンサルティング・研修や、個人の幸福度とレジリエンスを高めるためのコンサルティング・ダイアログなどを行うことによって、一人ひとりが幸せに暮らしていける世界の実現を目指しています。 「幸せ」「ハッピネス」「QOL:クオリティーオブライフ」「レジリエンス」「笑顔」「楽しさ」「生活満足」「生き甲斐」について、何でもお気軽にご相談下さい。みんなで力を合わせて、世界中のみんなが幸せな世界を創りたい。これが私たちの願いです。

お問い合わせは